ライスフォースの歴史。完成からシリーズ化。

日本人は古来からお米を主食とし、重要な栄養源として食べるだけでなく米のとぎ汁などの美容効果も利用してきました。

ライスフォースは歴史あるお米の力に着目し、最新の発酵技術を使って肌質改善を目指して製造された化粧品です。

化粧品は直接肌に乗せるため、余計な物を加えず自然な製造法で作り上げる事にこだわっていて、日本が世界に誇る伝統の技術である発酵が中心となっています。

蒸したお米に麹菌や酵母、乳酸菌などを加える事で微生物の力でお米の秘めた力を引き出しています。

 

lice2-1ライスフォースは、いつから発売されたの?

ライスフォースは2000年9月に完成して以降、確かな品質を認められ流行に左右されず世界40カ国以上で使用されています。

ハワイやヨーロッパなどのホテルスパでも、マッサージやフェイシャルエステに採用されているほどです。

spa

 

lice2-1ライスフォースは、完成から複数のシリーズ化

スキンケアでは三つのシリーズを展開していて、高い保湿力で乾燥による肌トラブルを改善する「ディープモイスチュアシリーズ」は、独自の発酵技術で細かく分解されたライスパワーNo.11エキスが配合されていています。

角質層までしっかり浸透した水分が長時間肌に留まり、肌の水分保持能が高間英、長い時間うるおって瑞々しい肌を保つ事ができます。

 

他にもべたつきを抑えながら潤いもしっかり与える「モイスチュアシリーズ」、皮脂トラブルによる毛穴詰まりを解消する「アクポレスシリーズ」がラインアップされています。

メイク落としから美容液シート、保湿クリームなどが存在し、肌質によって最適な組み合わせを選択できます。

コメントは受け付けていません。